Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ

オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

【2024年3月更新】アミティーインターナショナルスクールアムステルダム最新状況

Hi everyone! オランダのアムステルフェーンにあるAmity International School Amsterdam元スタッフのChisakiです!

2022年夏にアミティーを退職した私ですが、前回の記事にも書いた通り、2024年3月現在も引き続きアミティーインターナショナルスクールについてのオンライン面談を承っています。

amityblogjapanese.hatenablog.com

退職してあまり更新ができなくなってからもこのブログにはコンスタントにアクセスがあり、毎月のようにお問い合わせのメールもいただきます。その状況を見て、駐在や移住でオランダの学校情報を探している人が増えている中、やはり日本語で&実体験をもとにして書かれた情報は需要があるんだなと感じています。

その需要にお応えするため、自分のなかのアミティーの情報を一度アップデートしておきたいなと思い立ち、この度アドミッション担当のElspethさんと久しぶりにzoomでお話ししました!そこで得たアミティーの最新情報をこの記事で共有します。(もちろん許可を取って載せています)

ウェイティングリスト:ほとんどの学年、なし!

お問い合わせいただくほぼ全員の方から聞かれる質問が、「ウェイティングリストはありますか?」です。今回のzoomでもそれをまず一番に聞いてみました。「いっぱいになりかけている学年はあるけど、ほぼ無しと言ってもらって大丈夫」との答えでした。ここはやはり、比較的新しい学校でまだ校舎のキャパ的にも余裕がある学校の強みですね。

幼稚園から高校までの生徒数:435名

私が在籍していた2022年当時は全校合わせて260名くらいでした。できたばかりの新しい学校だったので、目指せ400!という雰囲気だったことを覚えています。

とは言え、現在の435名でもまだまだ他の学校(ISAやAICS, British School)に比べると小さい方だと思います。規模が小さいからこそ、生徒、先生、保護者のお互いの距離が近く、顔が見える関係であるというのはアミティーの良さであると感じています。私がいた当時もそして現在も、保護者向けワークショップやコーヒーモーニング、季節ごとのイベントなどご家族の皆さんに学校に関わってもらう機会をたくさん作って、つながりを増やせるようにしています。

ちなみにクラス数は各学年2クラスあるそうです。現在の各クラスの人数は聞き忘れてしまいましたが、平均20名程度かと思います。

日本人生徒の数:23名

大幅に増えましたね。2年前は10名程度だったと思います。幼稚園から高校まで全部で15学年ありますので、単純計算で現在は各学年に1〜2名の日本人生徒さんがいることになりますね。割合的には多過ぎず少な過ぎず、ちょうどいい感じという気がします。

ちなみに全校生徒合わせて50以上の国から来ているそうです。生徒の国籍として多いのはオランダ、アメリカ、イギリス、インドとのこと。

「学年を下げての入学はできますか?」:はい

中学部(Middle Years)以上で生徒の母語が英語ではない場合、学年を下げて入学した方が本人のためになると判断された時はあえて学年を一つ下げての入学になることもあるそうです。私が在籍していた当時から、特に英語に不安を感じる日本人の方から同様の質問をいただくことは多かったですが、その時の学校の方針は「基本的には学年を下げることはしない」というものでした。理由は、言語のできるできないに関わらず、学習の内容そのものは年齢に応じたものをする方が良いから、というものでした。どちらのやり方にも良い点、悪い点があると思いますが、学年を下げることは強制ではなく生徒本人の気持ちやご家族の方針なども加味して判断されます。

---

ということで、ざっとですが、オランダの学校情報をリサーチしていらっしゃる皆さんにお役に立ちそうな情報を共有させていただきました。何かに役立てていただけましたら幸いです。

アミティーインターナショナルスクールやオランダでの生活について詳しくお知りになりたい方向けにオンライン相談を承っております。詳しくはこちらから!

amityblogjapanese.hatenablog.com