Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ

オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

【インターナショナルスクール】学校見学のポイントとは?

Hi everyone! オランダ・アムステルフェーンにあるAmity International School AmsterdamでインターンをしているChisakiです。

今日は、アミティーのアドミッションオフィサーが "I AM EXPAT"のウェブサイトに寄稿した記事をベースに、「学校見学のポイント」を5つ書いてみたいと思います。

元の記事はこちらをご覧ください。

 

ポイント1. 行く前に学校情報を仕入れよう!

事前に下調べをすることで、受け身ではなく主体的に学校見学をすることができます。それによって質問すべきことも浮かび上がってきますし、より具体的な質問をすることができます。そのことが、お子さまにとって最適な学校を選ぶことにつながります。

 

ポイント2. 学校の空間に注目しよう!

見学に行ったら、ぜひ校舎の内部だけでなく敷地全体を見てください。施設がどのように配置されているか?色遣いは?のびのび過ごせそうな雰囲気か?学習に適した雰囲気か?など・・・。学校の雰囲気はそれぞれの学校によって大きく違っているので、ぜひお子さまを一緒に連れて行ってどう感じたかを聞いてみてください。それが、学校選びの大きな決め手になるはずです。

 

ポイント3. どんな教育が必要かを見極めよう!

特別な支援が必要なお子さまもいれば、言語(英語)サポートが必要であったり、数学など特定の科目が苦手であったり、もしくは社会的スキルを身に付けるのにサポートが必要であったりと、ひとりひとりのニーズは違っています。また、学校によって学びへのアプローチも違っており、どのようなサポートをどのような形で提供しているのかを見極めることが大切です。それが、お子さまの可能性を最大限に引き出すことにつながります。

 

ポイント4. 学校の教育目標やカリキュラムを理解しよう!

教育に対する学校のポリシーや、カリキュラムの内容をよく調べてみてください。小さな話で言えば、例えば「宿題」に対してどういう姿勢であるか、などです。アミティーの場合は、カリキュラムはIB(インターナショナル・バカロレア)プログラムを採用しており、2020年7月現在正式に認定校となるための手続きを踏んでいる所です。IBプログラムは、主体的に学ぶ力を身に付けることが大きなテーマとなっています。そのため、「探求すること」「質問すること」に主眼を置いた教育をおこなっています。

 

ポイント5. 振り返りをしっかりしよう!

学校見学が終わったら、しっかり振り返りをして他との比較をすることが大切です。嬉しい驚きはあったか?お子さまがいちばんいきいきしていたのはどの学校か?良い点もイマイチな点も全て洗い出して、お子さまに一番ふさわしい学校をみつけましょう。

 

以上、学校見学における5つのポイントについて書きました。個人的にはやはり、その学校に足を踏み入れた時に感じる雰囲気(空気感)がとても大切だなと思います。親御さんやお子さまのフィーリングを大切にしてください。それから、質問したいことは最初からまとめておくことをおすすめします。

 

さぁ、明日は日本人ご家族限定のプレイセッションです。初めての試みのため予測不能な部分もありますが、とにかく皆さまに楽しく過ごしてもらえるよう頑張りたいと思います!

 

学校の公式ウェブサイトはこちらからご覧ください。

https://www.amityschool.nl

 

*オランダ留学や生活について書いた私の個人ブログ「公務員やめてオランダ留学」もぜひご覧ください。

 

【追記しました】

amityblogjapanese.hatenablog.com